窓ガラス施工で省エネ

2018/07/11
UIシールド測定

窓ガラスで省エネと聞いてどんなことを想像されますか?

昨日、弊社にて窓ガラス用紫外線赤外線反射コーティング剤「UI-シールド」という製品の施工講習がありました。

この製品、窓ガラスを通して室内に入ってくる近赤外線・紫外線をカットするコーティング剤です。

なぜこの製品なのかと申しますと、以下の機能性に魅力を感じたからです。

〇紫外線を99%カット

〇近赤外線をカットし、条件にもよりますが暑さを軽減します

 カタログ値:-2℃~-5℃ となっています

〇透明度(可視光線透過率80%)

コーティングの寿命ですが、カタログ値は10年程度となっています。しかし実際は条件次第で25年程度もつこともあるようです。

今回、テストで住宅の窓ガラスに塗布してみました。写真は塗布した後の窓の内側の紫外線を測定したものです。測定結果は「0」でした。

うそのような結果ですが、本当に実測「0」になりました。

夏場は虫が多くなりますが、紫外線に寄ってくる虫も多いようです。ですのでこのコーティング剤により虫が減ったという声もあるようです。

同じようなコーティング剤がいくつかのメーカーから市販されているようですが、弊社ではUI-シールドの性能が一番魅力があるのではと考え、今回認定施工店となりました。

施工している写真をもっと多く載せたいのですが、ホームページの都合上1枚の掲載となりますので、施工の写真はまたの機会に載せたいと思います。

壁の遮熱、屋根の遮熱と合わせて窓の遮熱を施工すればかなりの省エネ効果が期待できるのではと考えます。

また、窓への施工となりますのでマンションなどの集合住宅でも施工可能ですので、ご興味のある方は是非ご一報ください。